第1話 家をつくって理想の暮らしを手に入れる:杉本が独立した理由

日々

こんにちは!
自然とつながる建築を設計している杉本龍彦建築設計の杉本です。

 

お陰様で杉本龍彦建築設計のホームページに続いて、ブログもリニューアルいたしました。

これまで支えてくださったみなさまに、心から感謝申し上げます。

今回は私、杉本龍彦がなぜ独立したのか改めてお話しします。

 

独立する前、住宅を始め集合住宅、福祉施設、商業施設、学校、社員寮、研修所など、様々な建築を設計してきました。

実務をこなすなかで、「最終的なエンドユーザーの声が直接反映されたものではない」住宅が特に気になりはじめました。

というのも、人はそれぞれ生活スタイルや趣味嗜好、価値観、生活環境、予算、家族構成が違うためです。理想とする暮らしも様々ですし、その人なりの人生もあります。

実際に注文住宅の設計では、お施主様の住まいへの夢やご要望、想いは千差万別で、二つとして同じものはありません。ですから、すでにできている住宅に対して、住まい手が生活や使い方、考え方を合わせることは、とてももったいないです。

住宅の方を住まい手にあわせて自由につくればよいのです。買ってもつくっても、お金をかけるという行為は同じです。

例えば明るくてのびのびとしたリビング、自分が使いやすいように考えた動線や機能的なキッチン、身体に優しい無垢の木などの自然素材の仕上げ。冬暖かく、夏涼しいといった環境、心地よい住まいの温もり、美しい住まいの外観や気持ち良い空間。

これらは自分好みにつくり上げることができるのです。自分なりの理想の住まいで過ごす新しい日々は、人生をより楽しく豊かにしてくれるでしょう。

 

同時に多くの方の相談にのっていると、悩みや課題、疑問をどこに相談すればよいか困っている場合が多いことを実感します。住まいづくりの要望をどうすればよいのか迷う方や、要望がうまく話せない方、相談しても前例がないので無理と言われてしまう方もいらっしゃいます。

設計事務所は、そんな時に気軽に話せる存在であるべきだと思いました。大切なことは、答えが見当たらないとしても、答えを探そうという姿勢や柔軟な行動、問題解決のための発想力です。

 

「どんなことでも気軽にご相談いただきお話やご要望、悩みを聞き取って、理想の住まいの答えをつくるお手伝いをさせていただきたい。」

 

そうした想いが大きくなり、

2016年、自らの想いを自ら形にするために建築設計事務所として独立。

お施主様にとって唯一無二の答えをつくるべく、日々設計活動しています。

 

家は買うのではなく、

「つくる」

ことで、世界に1つしかない自分だけの住まいが生まれ、理想とする暮らしにつながります。

私たちは、お施主様が「理想とする未来の暮らしの答え」を全力でおつくりいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ご感想やご質問などあればお気軽にメッセージいただければと思います。

 

---------------
自然とつながる建築へ

杉本龍彦建築設計ホームページ
https://sugimototatsuhiko.com/

杉本龍彦インスタグラム
https://www.instagram.com/sugimoto.arc/

杉本龍彦書籍
Amazon
---------------

タイトルとURLをコピーしました